メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国公船、過去最多に 尖閣接続水域 既に998隻確認

 沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で、海上保安庁によって確認された中国公船が今年1月1日から11月29日までに延べ998隻に上った。これまで年間で最も多かった2013年の延べ819隻を大幅に上回り、過去最多になった。日中関係は首脳の相互往来などを通じて改善基調にあるが、尖閣周辺では領海への侵入も頻発するなど緊張関係がむしろ高まっている。

 12年9月に日本が尖閣諸島を国有化したのをきっかけに、領海(沿岸から約22キロ)や接続水域(領海の外側約22キロ)での中国海警局の船の航行が急増するようになった。海上保安庁の調べによると、今年は4月12日から6月14日まで過去最長の64日間連続で中国の公船が接続水域を航行するなど特に活動が活発だ。

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. ファミマ、11月上場廃止へ 伊藤忠による全株取得を承認 立て直し急ぐ

  3. 特権を問う 生活水源から発がん性物質 汚染源は米軍? 立ち入り調査に高い壁

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. コロナ感染の高鳥衆院議員、「差別解消法」議員立法提出目指し勉強会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです