メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポスト「冷戦後」のかたち

ウクライナ、米露のはざまで 終わらぬICBM処分

燃料処分作業が中断されたままの大陸間弾道ミサイルRT23=ウクライナ東部のパブログラド化学工場で2019年11月29日

 1989年12月に冷戦終結を宣言した米国とソ連。2年後にソ連が崩壊し、米国とロシアは協調して旧ソ連・ウクライナの核兵器処分を進めた。だが、その後の米露対立の影響で、冷戦終結の「果実」が得られないままの現場もある。その一つ、ウクライナ東部パブログラドにあるミサイルの解体工場を訪ねた。

 室温が17度に保たれた工場の保管庫には、長さ7・6メートル、直径2・4メートルのミサイルの一部が保管されている。ソ連が製造した3段式の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「RT23」の3段目にあたる部分だ。

 ウクライナは90年代半ばから、核弾頭の運搬手段であるICBMの解体を進めた。作業場となったパブログ…

この記事は有料記事です。

残り964文字(全文1257文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  2. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  3. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  4. 五輪特需、延長頂きました スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  5. Dr.STONE テレビアニメ第2期の制作決定 「ジャンプ」の人気マンガが原作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです