メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

中曽根康弘、去る=山田孝男

絵 五十嵐晃

 今でこそ全マスコミが巨星、大宰相――と持ち上げる中曽根康弘元首相(11月29日死去、享年101)だが、1982年、首相就任当時の平均的な世評は「政界の風見鶏」「闇将軍・田中角栄に屈従する右翼政治家」――だった。

    ◇

 私は中曽根政権の発足から半年後の83年5月、中曽根首相番記者になり、「風見鶏」が大宰相へ歩み出す過程を見てきた。

 以後の首相と一線を画する中曽根の重量感は、旧制高校仕込みの教養、従軍体験(海軍主計中尉)と戦後復興の大志、不断の読書によって培われた――という説に異存はない。

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです