メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

中曽根康弘、去る=山田孝男

絵 五十嵐晃

 今でこそ全マスコミが巨星、大宰相――と持ち上げる中曽根康弘元首相(11月29日死去、享年101)だが、1982年、首相就任当時の平均的な世評は「政界の風見鶏」「闇将軍・田中角栄に屈従する右翼政治家」――だった。

    ◇

 私は中曽根政権の発足から半年後の83年5月、中曽根首相番記者になり、「風見鶏」が大宰相へ歩み出す過程を見てきた。

 以後の首相と一線を画する中曽根の重量感は、旧制高校仕込みの教養、従軍体験(海軍主計中尉)と戦後復興…

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです