メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

桜を見る会 深まる疑問=回答・小山由宇、宮原健太

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡る問題は、首相が説明責任を果たしたとはいえず、多くの疑問が残されたままです。臨時国会は残り1週間となり、政権はこのまま幕引きを図ろうとしています。いったい何が問題なのか、どんな疑問が残っているのか、改めて整理しました。

 ◆安倍内閣で拡大、誰が招待された?

首相推薦枠1000人 後援会からも

 なるほドリ 「桜を見る会」ってどんなものなの?

 記者 首相主催で、東京にある桜の名所「新宿御苑(ぎょえん)」で毎年開かれる行事です。1952年に始まり、費用は公金(こうきん)で賄っています。たる酒や軽食、菓子が振る舞われ、出席者は首相らと歓談し、記念撮影などをしています。

この記事は有料記事です。

残り2493文字(全文2793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  5. 特集ワイド 二階派で活動2年、自民入り目指す細野豪志氏 批判されても私は違う道 安保政策は一致、人間関係には苦慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです