メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者殺害、政権幹部関与か マルタ首相辞任の観測も 「パナマ文書」口封じ狙い

カルアナガリチアさんの写真を掲げ、ムスカット首相の辞任を求める市民=マルタの首都バレッタで11月29日、AP

 地中海の島国マルタで2017年に調査報道記者、ダフネ・カルアナガリチアさん(当時53歳)が殺害された事件で、汚職疑惑を報じられたムスカット首相の側近が事件に関わった疑いが濃厚になっている。現地では首相の責任を問うデモが続いており、地元紙は11月30日、ムスカット氏が辞任する見通しと報道。欧州で「報道の自由」を揺るがした殺人事件は、政権幹部による「口封じ」だった可能性が出てきた。【ウィーン三木幸治】

 カルアナガリチアさんは17年10月、マルタ北部の自宅を車で出た直後、車に仕掛けられていた爆弾が爆発し、死亡した。カルアナガリチアさんは国内随一の調査報道記者として知られ、自らのブログで政治家の汚職を追及。租税回避地(タックスヘイブン)を巡る「パナマ文書」の報道にも参加していたことから、その死は世界的に大きく報じられた。

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. クローズアップ 自殺者、11年ぶり増加 思い詰める前に相談を コロナ禍、女性と若者顕著

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです