メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第78期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段-木村一基王位 第23局の4

先手ペース

 稲葉は図で[先]2五桂と跳ねた。一手足され「細かく攻めるのが、味がいいと思った」と木村。以降も稲葉は小技を重ねる。

 木村は「うーん」とうなること、稲葉は「いやあ」とぼやくことが増えてきた。[後]4五歩に稲葉はウエットティッシュで顔を拭くと「ハア!」と強く息を吐いた。木村は腕をぐるぐる回してストレッチ。その後は頭を抱え体を傾けてうなっていた。20時半ごろ。疲れがたまってくるこれからが順位戦の本番だ。

 [後]2七歩は苦し紛れと木村。[後]2八歩成から香を取り[後]6六香の狙いはあるが「実現しようもな…

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文901文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  5. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです