メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらくα

起業準備塾の主宰者/上 ネットで情報発信、独学で

起業準備塾で、サービスを提供する的の絞り方を参加者に教える新井一さん=東京都豊島区で

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 「好きなことを、好きな人と仕事にできたら」。幅広い年代の人たちが夢を抱く起業準備塾がある。運営する新井一(はじめ)さん(45)は会社員のまま起業し、スモールビジネスのノウハウを1万人以上に教えてきた。どんな働き方をしてきたのか。

18カ月で結果掲げ

 東京・池袋駅東口にあるビルの会議室。平日の午後7時半、勤務を終えたサラリーマンら8人が集まり、新井さんが主宰する起業準備塾「起業18(ワンエイト)フォーラム」の勉強会が始まった。「18」は、6カ月の準備期間で起業し、その後12カ月で事業を軌道に乗せるという考えから名付けた。参加者は、起業のアイデアを思案中の人から実際に取引を始めた人まで、段階はさまざま。1人ずつビジネスの進捗(しんちょく)状況を報告し、新井さんから助言を受けたり、参加者の反応を聞いたりして、自分の事業に生かしていく。

この記事は有料記事です。

残り2174文字(全文2559文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです