メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

見えない心へのアクセス=河瀬直美

フランス・リヨンのシネファブリックの生徒たちと=河瀬直美さん提供

 11月は日本を離れ、ヨーロッパ各地で過ごしている。まずはモスクワ。初めての海外渡航がロシアであった私にとってさまざまな想(おも)いを喚起させられる場所である。

 25歳の時に訪れたモスクワは空港がとても暗く、長らくの不況が続き、節電しているのだと気付いたのはしばらくしてからのことだった。当時はサンクトペテルブルク国際映画祭から「かたつもり」の上映依頼を受けて、渡露した。会場では観客席の一番後ろに立って、作品を見続けた。大きく映し出される養母の顔。いつもの見慣れた、けれどロシアの人にとっては名も無い日本のおばあちゃんの顔をじっと見つめてくれている。

 わたしはこの時、映画って海を越えて想いを共有できると感じていた。そしてそこに「物語」を伴えばなおさら、世界中の人々とのそれが可能になる。こうして25歳の春、白夜の頃に訪れたサンクトペテルブルクの街はわたしの劇映画への創作意欲を搔(か)き立てた。25年の月日が流れ、当時とはすっかり変わったロシアの風景を垣間見ながら、あれから創り上げた河瀬直美の代表作6本の上映が行われている会場を訪れる。熱心に聴き…

この記事は有料記事です。

残り1150文字(全文1626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都の感染者が新たに118人 初の3桁 新型コロナ

  2. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 座して死なないために我々ができること 3Dプリンターで人工呼吸器の代替器

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです