メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

見えない心へのアクセス=河瀬直美

フランス・リヨンのシネファブリックの生徒たちと=河瀬直美さん提供

 11月は日本を離れ、ヨーロッパ各地で過ごしている。まずはモスクワ。初めての海外渡航がロシアであった私にとってさまざまな想(おも)いを喚起させられる場所である。

 25歳の時に訪れたモスクワは空港がとても暗く、長らくの不況が続き、節電しているのだと気付いたのはしばらくしてからのことだった。当時はサンクトペテルブルク国際映画祭から「かたつもり」の上映依頼を受けて、渡露した。会場では観客席の一番後ろに立って、作品を見続けた。大きく映し出される養母の顔。いつもの見慣れた、けれどロシアの人にとっては名も無い日本のおばあちゃんの顔をじっと見つめてくれている。

 わたしはこの時、映画って海を越えて想いを共有できると感じていた。そしてそこに「物語」を伴えばなおさら、世界中の人々とのそれが可能になる。こうして25歳の春、白夜の頃に訪れたサンクトペテルブルクの街はわたしの劇映画への創作意欲を搔(か)き立てた。25年の月日が流れ、当時とはすっかり変わったロシアの風景を垣間見ながら、あれから創り上げた河瀬直美の代表作6本の上映が行われている会場を訪れる。熱心に聴き…

この記事は有料記事です。

残り1150文字(全文1626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟、日本資産の現金化は「望ましくない」  韓国大統領

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです