メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英名門、日本に姉妹校 中高対象、完全英語教育や寄宿制 ラグビー校、22年に開校予定

広大な敷地に建つ英ラグビー校=同校提供

 「ラグビーの発祥地」として知られる英国名門私立校「ラグビー校」が2022年に日本で姉妹校を開校する計画を発表した。日本の中高生にあたる男女を受け入れ、完全英語教育や、寄宿制を中心としたきめ細かな人材育成に力を入れる。

 海外姉妹校は17年開校のタイ校に続いて2校目。日本校の規模は男女合わせて750人程度を予定。開校予定地は首都圏エリアになる見込みで、関西や北海道にもキャンパスを設ける。教員は英国や英語圏の国々に加え、日本でも採用を検討している。

 ラグビー校は1567年創立。イートン校など英国を代表するパブリックスクール(名門私立校)のトップ9…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです