メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出会いの季語

雨の動物園へ=高田正子

 川崎にも動物園があるんですよ、と聞いて即決した吟行地である。天気予報が二転三転して吹き降りの雨となった先月末、夢見ケ崎動物公園を歩いた。

 夢を見るのは動物? それとも人間?というネーミングかと思ったが、さにあらず。かの太田道灌の夢であるらしい。築城を考え得る立地であったが、夢見が悪かったためにとりやめたという言い伝えがある。もしかするとこの地に城が、と捉えれば川崎市民の夢と言えなくもない。

 長い坂を辿(たど)るか、急な階段を登るかして到達する小山のいただきには、動物園のほかに寺や神社、古…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  5. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです