メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬 チャンピオンズカップ クリソベリルV

 中央競馬の第20回チャンピオンズカップ(1日・中京11R1800メートルダート16頭、GⅠ)は2番人気のクリソベリル(川田将雅騎乗)が1分48秒5で優勝、デビューから6連勝でJRAGⅠ初勝利を挙げ、優勝賞金1億円を獲得した。川田騎手と音無秀孝調教師は、ともにこのレース初勝利。

 3番人気のインティが逃げクリソベリルは3番手を追走。最後の直線で1番人気のゴールドドリームが仕掛けて先頭に立ったが、クリソベリルは鋭い末脚でゴールドをかわし、首差の差し切り勝ち。インティがさらに1馬身4分の1差の3着。

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです