メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2019秋/5止 「生きていてよかった」 朴南珠さん(87)

フランシスコ・ローマ教皇(左)と握手する被爆者の朴南珠さん=広島市中区で2019年11月24日

 <命ある限り documentary report 255>

 柔らかで、温かかった。ほのかに照らされた原爆慰霊碑の前で20秒ほど握った手を、広島市西区の朴南珠(パクナムジュ)さん(87)は忘れない。11月24日夜、同市中区の広島平和記念公園。被爆者として招かれた「平和のための集い」で、キリスト教カトリックのトップ、フランシスコ・ローマ教皇(82)と対面した。

 「何度も死にたいと思ったけれど、本当に生きていてよかった」

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1124文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです