メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桜を見る会 防戦首相「反省」8回 森友・加計問題に通じる構図も

参院本会議で答弁する安倍晋三首相=国会内で2019年12月2日午後2時半、川田雅浩撮影

 会期末の9日まで1週間となる中、2日の参院本会議の質疑で政府は「桜を見る会」の問題からの「逃げ切り」を図った。政府・与党は会期を延長しない方針で、安倍晋三首相が今国会で答弁するのは2日が最後の可能性が高い。野党は厳しい質問を投げかけたが、首相が直接答えない場面も多く、従来通りの「ワンパターン」(小池晃・共産党書記局長)の答弁で乗り切った。

 「桜を見る会の運営等については、これまでの運用を大いに反省し、今後、私自身の責任において全般的な見…

この記事は有料記事です。

残り1061文字(全文1282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 女子シングルス・美誠敗れ3冠逃す、ひな初優勝 男子・宇田初優勝 全日本卓球

  5. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです