特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

だまされた方が悪い? 衛藤消費者担当相の発言にネットで批判相次ぐ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衛藤晟一消費者担当相=東京都千代田区で2019年10月1日、小川昌宏撮影
衛藤晟一消費者担当相=東京都千代田区で2019年10月1日、小川昌宏撮影

 悪質なマルチ商法を展開していた「ジャパンライフ」の元会長が、首相主催の「桜を見る会」の招待状を勧誘に利用していたとの指摘について、衛藤晟一消費者担当相が「私はそういう方は要注意だと思って接する」などと述べた。インターネット上では「だまされた人が悪いと言っているようだ」「消費者担当相なのに消費者保護の意識が感じられない」などと批判が多数上がっている。【吉田卓矢/統合デジタル取材センター】

消費者被害を防ぐ省庁のトップ

 消費者担当相は、消費者問題への対応を一元的に担う役所として2009年に設置された消費者庁のトップだ。消費者庁のホームページには、主な仕事として「消費者への財産被害の発生や拡大を防ぐため、必要な措置を採ります」「悪質商法などに対応して、特定商取引法などの法律を厳正に執行します」などと記されている。

 実際、同庁は問題のある事業者に対して、関連法に基づき立ち入り検査や命令、勧告などを行うことができる。ジャパンライフにも16~17年に行政処分を行った。

「消費者ではなく安倍首相を守るのが仕事なのか」

 批判されているのは、先月29日にあった閣議後の記者会見での発言だ。ジャパンライフの元会長が「桜を見る会」の招待状を宣伝に利用していた問題…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文1205文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集