メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸3県でクマによる人身被害続出 冬ごもり近づくも油断は禁物

クマに3人が襲われた現場付近。近くには柿の木がある=富山市中番で、高良駿輔撮影

 北陸3県で、クマの目撃や襲われる被害が止まらない。富山県では今年1月~11月27日までに発生したクマによる人身被害は20人で、統計を取り始めた2004年の24人に次いで過去2番目に多く、県は2年ぶりに出没警報を発令した。冬ごもりの季節が近づいているが、まだ油断はできない。どのように身を守れば良いのか。【高良駿輔】

 11月21日には富山市の民家の庭でクマのふんを片付けていた40代の男性がやぶから飛び出してきたクマに引っかかれ、顔の骨を折るけがをしたほか、この男性の70代の父親と近くに住む90代の女性も次々と襲われけがをした。

 今年はクマが主食としている山のミズナラやブナなどのドングリの実りが悪く、人里まで降りてきて、人が遭遇するケースが多い。富山県内では民家の庭に柿の木が植えられていることが多く、実を狙っている可能性が高いことから、県は対策として柿の木の伐採を呼び掛けている。

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  3. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  4. 新型コロナ 国定額給付金 郵送申請分を含め東部4市支給開始 /山口

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです