メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良発「フレスコボール」が関西で拡大 海なし県でもビーチスポーツ

夜間に学校の体育館を借りてフレスコボールの練習に励む松井さん(奥)=奈良県大和高田市立高田中学校で、稲生陽撮影

 内陸部で砂浜のない奈良から、ビーチスポーツの「フレスコボール」が関西全域に広まりつつある。旗振り役は奈良県大和高田市の松井芳寛さん(30)と風味千賀子さん(30)夫妻。風味さんは8月に国内1位となり、本場のブラジル・リオデジャネイロで今月開催される世界大会に日本代表として出場する。夫妻は「競技人口がまだ少なく、すぐに上手になれる今こそ始めどき。年齢問わず楽しめる」と話す。【稲生陽】

 フレスコボールはブラジル発祥。専用の板状ラケットを使い、7メートル離れた位置からペアでゴムボールを打ち合い、続けたラリーの回数や球の速度などを点数化して競う。ラリー中はペア同士で「ごめん」「ありがとう」という声が飛び交う。

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文947文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです