メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨大露天風呂でぽかぽか 和歌山・川湯温泉に冬の風物詩「仙人風呂」

一番風呂を楽しむ園児や観光客ら=和歌山県田辺市本宮町の川湯温泉で2019年12月1日、山中尚登撮影

[PR]

 巨大な露天風呂「仙人風呂」が1日、和歌山県田辺市本宮町の川湯温泉に開設された。来年2月末まで無料開放される。

 熊野本宮観光協会や仙人風呂実行委員会が1985年から毎年開設し、冬の風物詩として親しまれている。大塔川の河原を掘り、川底から湧く温泉をためた。湯船の大きさは長さ28メートル、幅12メートル、深さは一番深い所で60センチ。川の水を引き込んで温度を調整している。神経痛や筋肉痛などに効能があるという。

 この日は開湯式の後、地元の保育園児約30人や観光客らが一番風呂を楽しんだ。小淵誠・同実行委員長は「昨年は台風被害で十分な期間開設できなかった。今年はしっかりとした風呂ができたので、多くの人に楽しんでほしい」と話している。

 入浴時間は、午前6時半~午後10時。利用時は水着やタオルなどの着用がルール。問い合わせは、同観光協会(0735・42・0735)。【山中尚登】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 無免許ひき逃げ後、土に軽トラ埋めて証拠隠滅 容疑者逮捕

  5. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです