メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新井浩文被告に懲役5年の判決 強制性交等罪 被告側即日控訴 東京地裁

新井浩文被告

[PR]

 派遣型マッサージ店の従業員だった女性に性的暴行を加えたとして、強制性交等罪に問われた元俳優の新井浩文(本名・朴慶培)被告(40)に対し、東京地裁(滝岡俊文裁判長)は2日、求刑通り懲役5年の判決を言い渡した。

 判決によると、新井被告は2018年7月1日未明、東京都内の自宅で、派遣されてきたマッサージ店の女性従業員に性的暴行を加えた。

 検察側は公判で、新井被告が同店の利用に当たり、性的な行為を禁止するとした同意書に署名していたと指摘した。明かりのついていない寝室で二人きりだったことや、新井被告と女性に約20センチの体格差があったことも挙げ、「被害者は多大な恐怖心を抱いており、抵抗することが著しく困難だったことは明らか。被告の一連の行為は強制性交等罪における暴行に該当する」と主張した。女性は法廷で「抵抗したが、まるで物のように扱われ、とても悔しかった」と述べた。

 一方の弁護側は、新井被告は女性の同意があったと誤解していたとし、無罪を主張した。新井被告は被告人質問で「少し不安があったが、(女性の)同意があるという思いの方が強かった」と述べていた。

 新井被告側は判決を不服として即日控訴した。【田中理知】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  2. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  3. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです