メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森禮子さんの小説「五島崩れ」を舞台化 長崎・五島のキリシタン弾圧描く

舞台「五島崩れ」の稽古をする主人公役の春日遥香さん(左から2人目)ら=福岡市中央区で、矢頭智剛撮影

 福岡市出身の芥川賞作家、森禮子(れいこ)さん(1928~2014年)が長崎・五島列島でのキリシタン弾圧を描いた小説「五島崩れ」が12月13日、博多座(同市博多区)で舞台化される。「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が昨年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産に登録されたのを機に、市民ら有志が企画。森さんの晩年にも一度舞台化の話があり、作者も楽しみにしていたが幻に終わった経緯があっただけに、関係者は「森さんとの約束を果たす」と意気込む。

 明治の初めに五島列島で潜伏キリシタンが次々に拷問に遭い処刑された史実を指す「五島崩れ」は、1868年に久賀島(ひさかじま)の小さな集落で始まった。捕らえられた信者約200人が、わずか12畳ほどの牢屋(ろうや)に押し込められた「牢屋の窄(さこ)」事件。密集した状態で信者たちの体はせり上がり、飢えと責め苦で42人が殉教した。クリスチャンでもある森さんは1972年に初めて五島列島を訪れ、8年後、名著「…

この記事は有料記事です。

残り1070文字(全文1498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです