メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南極海でクジラの生息数など目視で調査へ 宮城・塩釜を出港 IWC脱退後初

 宮城県塩釜市の塩釜港で出港を待つクジラの調査船=2日午前

[PR]

 南極海でクジラの生息数の増減傾向などを調べる調査船が2日、宮城県塩釜市の塩釜港を出港した。日本が国際捕鯨委員会(IWC)を脱退して以降初めての調査。これまで行ってきた調査捕鯨をやめ、目視で調べる。

 共同船舶(東京)の第2勇新丸(1059トン)1隻で南極海へ向かい、来年3月19日に帰港する計画。日本鯨類研究所の職員が双眼鏡を使い、見張り台からクジラの噴気を探して頭数や種類を調べる。またクジラに発信器を取り付けて行動を確認したり、皮膚片を採取したりする。調査はIWCも支持しており、日本は結果を報告する。日本は6月にIWCを脱退、7月に商業捕鯨を再開した。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです