メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

注目裁判・話題の会見

裁判長、新井被告に「人生は終わったわけではない」 強制性交等罪で懲役5年判決

新井浩文被告

 昨年7月、派遣型マッサージ店の従業員だった30代の女性に性的暴行を加えたとして、強制性交等罪に問われた元俳優の新井浩文(本名・朴慶培)被告(40)に対し、東京地裁は2日、求刑通り懲役5年の実刑判決を言い渡した。滝岡俊文裁判長は「犯行は卑劣で悪質。経緯、動機にくむべき点はなく、厳しい非難に値する」と述べた。新井被告側は即日控訴した。

 地裁は、新井被告が明かりの消された自宅寝室で、マッサージの施術を受けるという状況に付け込んで性的暴行に及んだと認定。女性は何度も拒絶感を示して抵抗したが、体格差もあり、新井被告に対して物理的、心理的に抵抗することが困難だったとした。

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉でも無許可で豚解体容疑 ベトナム人を再逮捕へ 盗難家畜の違法処理横行か

  2. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  3. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  4. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  5. ボンドのスタイル決定づけ 深みと陰影の演技派に脱皮 ショーン・コネリーさん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです