メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロンブー新会社設立 亮さん活動再開に向け、淳さんがエージェント契約を選んだわけ

「闇営業」問題の記者会見で記者の質問に泣きながら答える田村亮さん(右)と宮迫博之さん=東京都港区で2019年7月20日午後3時48分、竹内紀臣撮影

 お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さん(45)が2日、相方の田村亮さん(47)と「株式会社LONDONBOOTS」を設立したと自身のツイッターで発表した。所属事務所を通さずに反社会的勢力の宴会に出席して謝礼を受け取った「闇営業」問題で活動を自粛中の亮さんが、芸能活動を再開する時に向けて作られた、「田村亮と(所属事務所の)吉本興業をつなぐための会社」であり、吉本からの独立が目的の会社ではないという。「闇営業」問題で活動自粛中の宮迫博之さん(49)も明石家さんまさん(64)の個人事務所の預かりの形で再スタートを目指している。ともに、「闇営業」問題の後、吉本が導入を決めた「専属エージェント契約」を活用する動きだ。専属エージェント契約はどのような契約で、株式会社LONDONBOOTSはどのような役割を果たすのだろうか。【佐々本浩材】

 淳さんは自身のツイッターで、「今回の闇営業問題、ことの発端は反社会的グループの主催のイベントだと知らなかったとはいえ、参加してしまい、そのイベントでギャラをもらっていたにもかかわらず、公の場で田村亮がギャラをもらっていないと嘘(うそ)をついた事がきっかけでたくさんの人に迷惑をかける事になってしまいました」と亮さんの今回の不祥事について改めて謝罪。「今後どのような形で芸能活動を再開できるのか、現時点では全く何も決まっていませんし、復帰の話などは時期…

この記事は有料記事です。

残り1213文字(全文1813文字)

佐々本浩材

1990年入社。大阪学芸部、メディア情報部などを経て、東京学芸部へ。演芸、放送分野を長く取材。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 無免許ひき逃げ後、土に軽トラ埋めて証拠隠滅 容疑者逮捕

  5. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです