丸刈りなど強制でうつ状態、済々黌高退学の元生徒が熊本県を「1円」提訴

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
熊本地方裁判所=遠山和宏撮影
熊本地方裁判所=遠山和宏撮影

 熊本県立済々黌(せいせいこう)高(熊本市中央区)の部活動で「伝統」名目で丸刈りを強制されるなどして退学を余儀なくされた元生徒の男性が「校内の違法行為を放置し、精神的苦痛を受けた」として、熊本県に1円の損害賠償を求めて熊本地裁に提訴していたことが判明した。2日に第1回口頭弁論があり、県側は請求棄却を求めた。

 済々黌高は1882年創設の熊本県内有数の進学校。

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文744文字)

あわせて読みたい

注目の特集