新語・流行語大賞 ラグビー代表の福岡「日本全体がワンチームになれた」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ONE TEAM」が新語・流行語大賞に選ばれた、ラグビー日本代表の福岡堅樹選手=宮崎市で2019年12月2日、大谷津統一撮影
「ONE TEAM」が新語・流行語大賞に選ばれた、ラグビー日本代表の福岡堅樹選手=宮崎市で2019年12月2日、大谷津統一撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で8強入りした日本代表のチームスローガン「ONE TEAM(ワンチーム)」が2019年の新語・流行語大賞の年間大賞に選ばれた。来年1月12日のトップリーグ開幕に備え、宮崎市で合宿中のパナソニックに所属する日本代表選手たちは「それだけラグビーが日本社会に浸透した」と歓迎した。

 抜群のスピードで4戦全勝での1次リーグ突破に貢献したウイング(WTB)福岡堅樹選手(27)は「非常に光栄。いくつか(ラグビー関連の)候補がある中で、選んでほしかったのがワンチーム。僕たちだけでなく日本全体がワンチームになれた」と喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文684文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集