メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国立競技場ものがたり

完成までの36カ月/上 建設支えた「神宮小町」 女性チーム活躍、現場一変

国立競技場の工事に携わった広作利香さん(右)と末田優子さん=東京都渋谷区で2019年11月22日、藤井達也撮影

 一枚の写真がある。国立競技場の建設現場で2017年9月6日朝、ヘルメットに作業着姿の女性が重機の前に並んだ=写真・大成建設提供。地上工事も始まり、ピンク色のベルトや赤い作業靴の人もいる。右端で片膝をつき、白い歯を見せるのは新国立整備事業副所長の広作利香さん(48)。女性が働きやすい環境を整備する「神宮小町」と呼ばれるチームを率いた。施工管理、測量、重機操作。下請けも合わせるとピーク時、技能者や技術者ら約200人の女性が働いた。男ばかりだった建設現場の風景が変わった。

この記事は有料記事です。

残り1690文字(全文1926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  2. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  3. PL出身監督対決はセガサミーに軍配 18安打でNTT西降し4強入り 都市対抗

  4. 大阪で新たに262人の感染確認 6日ぶりに300人を下回る 新型コロナ

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです