メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見る探る

映画「天気の子」舞台の田端を歩く 崖下に「海」、地形が醸す風情

「天気の子」の舞台となった、JR田端駅南口から南側に延びる上り坂

 新海誠監督の最新作「天気の子」が好調だ。7月の封切り後、興行収入は140億円に達し、現在も全国で上映が続く。第92回米アカデミー賞国際長編映画賞部門の日本代表に選ばれ、第47回アニー賞でも長編作品監督賞など計4部門でノミネートされた。映画のラストシーンでは、東京を周回するJR山手線の田端駅が舞台になり、公開直後からファンたちの「聖地巡礼」スポットにもなった。これまでの新海作品で舞台になった新宿でも、渋谷や東京駅でもなく、なぜ田端駅なのか。記者も聖地巡礼してナゾに迫ってみると、東京の地形を巡る壮大な歴史が見えてきた。【待鳥航志】

 「天気の子」の舞台は異常気象で雨が降りやまなくなった東京だ。廃ビルの屋上にある神社で晴れを祈ったこ…

この記事は有料記事です。

残り2244文字(全文2561文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです