メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画「天気の子」舞台の田端を歩く 崖下に「海」、地形が醸す風情

「天気の子」の舞台となった、JR田端駅南口から南側に延びる上り坂

 新海誠監督の最新作「天気の子」が好調だ。7月の封切り後、興行収入は140億円に達し、現在も全国で上映が続く。第92回米アカデミー賞国際長編映画賞部門の日本代表に選ばれ、第47回アニー賞でも長編作品監督賞など計4部門でノミネートされた。映画のラストシーンでは、東京を周回するJR山手線の田端駅が舞台になり、公開直後からファンたちの「聖地巡礼」スポットにもなった。これまでの新海作品で舞台になった新宿でも、渋谷や東京駅でもなく、なぜ田端駅なのか。記者も聖地巡礼してナゾに迫ってみると、東京の地形を巡る壮大な歴史が見えてきた。【待鳥航志】

 「天気の子」の舞台は異常気象で雨が降りやまなくなった東京だ。廃ビルの屋上にある神社で晴れを祈ったことをきっかけに、祈ると晴れにできるようになった少女・陽菜(ひな)。島から東京に家出してきた少年・帆高(ほだか)と出会い、雨続きの東京で「晴れ」を商品にして売り始める。しかし天候を変えれば変えるほど、陽菜の体には異変が起きていた――。

この記事は有料記事です。

残り2128文字(全文2561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです