メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この1年

囲碁 文裕1強から変動 10~20代が活躍

名人戦七番勝負の第5局で張栩名人を破って4勝1敗として名人奪取に成功し、記者会見する芝野虎丸八段(当時)=静岡県熱海市で2019年10月8日、丸山博撮影

 今年の囲碁界は、10代~20代前半の若手棋士の活躍が目立った一年となった。中でも、芝野虎丸名人(20)は10代で初めて7大タイトルを獲得するなど大きく飛躍した。一方、2017年10月に7冠に返り咲き、「1強」状態だった本因坊文裕(30)=井山裕太九段=は3冠に後退し、地殻変動を感じさせた。

 無類の強さを誇っていた文裕にとって、辛抱の年となった。5冠で迎えた十段戦で、村川大介九段(28)に1勝3敗で敗退。棋聖や本因坊の防衛は果たしたものの、山下敬吾九段(41)や河野臨九段(38)に苦戦を強いられ、これまでのような圧倒的な強さは影を潜めた。

 代わって台頭したのが、芝野と許家元八段(21)だった。芝野は初のタイトル挑戦となった名人戦で、張栩…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文845文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです