メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この1年

演芸 充実の落語界 話題の講談界

 令和になり、「昭和の名人」という言葉がますます遠くなった感のある落語界。一方、昭和、平成の地続きに今の隆盛があることをより強く感じさせられた年だったのではないか。

 12年ぶりのCDシリーズをリリースした今月80歳の人間国宝・柳家小三治を筆頭に、70代の柳家さん喬、五街道雲助、柳家権太楼という寄席の大黒柱、さらに春風亭一朝、入船亭扇遊らが続く。94歳の桂米丸、90歳の三遊亭金馬も復活し、健在だ。

 芸歴30周年、平成元(1989)年入門組の柳家喬太郎、林家彦いち、入船亭扇辰が充実。唯一無二の芸境…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文868文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  2. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  3. 全国女性消防操法大会 和木隊が準優勝 町長に報告 /山口

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです