メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

小西康陽 7インチアナログ盤発売 ピチカート・ファイヴの絶頂期

 1990年代初頭、「渋谷系」という名前の若者カルチャーが生まれ一つの時代を作った。その文化を先導した代表的存在が、ポップスグループ「ピチカート・ファイヴ」であった。84年に小西康陽(やすはる)を中心に結成。メンバーチェンジを行いながら、ボーカルの野宮真貴の参加で絶頂期を迎えた。一定年齢以上には懐かしく、若い世代にはおしゃれで新鮮なポップス。音楽的には凝っていながら大衆性を忘れず、特に野宮のセンスはファッション業界にも大きな影響を与えた。その絶頂期の約40曲を7インチアナログ盤16枚ボックスに収めた「ザ・バンド・オブ・20TH センチュリー 日本コロムビア・イヤーズ 1991―2001」(コロムビア)を発売、大きな話題を呼んでいる。

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信号待ちの車列に車突っ込む 7歳女児死亡、9人重軽傷 大阪

  2. JAつくば市の子会社、ベトナム人実習生に上限超え労働 最長は月180.5時間

  3. 植松被告接見一問一答(初回~8回目)「本当に申し訳ありませんでした」「死ぬのは怖い」「事件前に大麻」

  4. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです