メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レールカート観光運行へ 急勾配も対応、実証走行実験 安中市、廃線区間の横川-軽井沢 /群馬

旧信越線の急勾配線路を使って行われたレールカートの安全性実証実験=群馬県安中市松井田町坂本で

 安中市の日本版DMO(観光地域づくり推進法人)「安中市観光機構」は11月29日、JR信越線の廃線区間・横川―軽井沢間の軌道上で、急勾配も対応できる4人乗り電動式レールカートの安全性を実証する走行実験を行った。廃線区間の観光利用の促進と活性化を目指し、2021年春には観光運行を開始したいとしている。

 この廃線区間には、8・5キロで高度差553メートルという全国屈指の急勾配がある。昨年10月からは観光客や鉄道ファンが軌道上を歩く「峠越え…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです