メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国から来た青少年の姿とらえ ドキュメンタリー映画、明治学院大で7日上映 /東京

映画の一場面より。巨大なキャンバスに、思い思いに色を乗せる外国ルーツの少女=可児市国際交流協会提供

 外国から来た少年少女の心情をとらえたドキュメンタリー映画「Journey to be continued―続きゆく旅」が7日、港区白金台1の明治学院大で上映される。舞台はブラジルやフィリピン出身の子が多く住む岐阜県可児市で、製作した市国際交流協会は「日本社会に居場所を見いだそうとする青少年の内面に向き合い、未来を切り開く方策を探ってほしい」と呼びかける。

 製造業の工場が集まる可児市は、出入国管理及び難民認定法(入管法)の1990年改正以降、デカセギの外…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 無免許ひき逃げ後、土に軽トラ埋めて証拠隠滅 容疑者逮捕

  5. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです