メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「オリジナル婚姻届」人気 写しと台紙で記念品/飲食店で特典 立川市など街おこしに期待 /東京

提出を済ませた「プレミアム婚姻届」の台紙を掲げる飯島栞さん(右)と千晴さん=立川市役所で、安達恒太郎撮影

 街のシンボルやイメージキャラクターをデザインした「オリジナル婚姻届」を用意し、街おこしに利用する自治体が現れ始めた。婚姻届の用紙はどこで入手しても、どこの自治体に提出しても構わないため、住民以外のカップルにも使ってもらえることが背景にある。このうち立川市の婚姻届は、新婚カップルが婚姻届を出した後、写しと台紙を持ち帰って記念品にすることができて人気を呼んでいる。都外から買いに来て提出するカップルもいるという。【安達恒太郞】

 「かわいいデザインが気に入り、特典も受けられる。良い思い出になると思いました」。いずれも長野県大町…

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです