メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食生活改善で衰え防止 健康寿命延ばす市民講座 三重大医師ら講演 /三重

加齢による心身の衰えをどう予防するかについて話す和田啓子・三重大医学部付属病院栄養診療副部長=三重県名張市蔵持町里の市武道交流館いきいきで、衛藤達生撮影

 名張市蔵持町里の市武道交流館いきいきで1日、市民公開講座「健康寿命を延ばすために知っておきたいこと」が開かれた。市とNPO法人「みえ循環器・腎疾患ネットワーク」、三重大医学部付属病院が共催。同病院の医師らが加齢による心身の衰えの予防などについて講演した。

 管理栄養士の和田啓子・同病院栄養診療副部長は「フレイルを予防する食事の工夫~目指そう、健康長寿!」と題して講演した。フレイルとは加齢で心身が老い衰えた状態の意味。食生活の改善などで回復するため、「主食、主菜、副菜をそろえて、1日3食をとりましょう」などと訴えた。

 和田副部長は糖尿病やダイエットのためにご飯を控えるなどの糖質を抑えた食事がフレイルの原因になる可能…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです