メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「湖東三山 金剛輪寺の名宝」展 重文など22点紹介 愛荘町立歴博で15日まで /滋賀

里帰り中の金剛輪寺の宝物に見入る来場者たち=愛荘町松尾寺の町立歴史文化博物館で、西村浩一撮影

 湖東三山の一つ・金剛輪寺(愛荘町松尾寺)が休館中の県立琵琶湖文化館(大津市)に寄託している宝物を里帰りさせた企画展「湖東三山 金剛輪寺の名宝」(毎日新聞大津支局など後援)が、愛荘町松尾寺の町立歴史文化博物館で開かれている。国の重要文化財を含む22件を展示し、湖東の文化の奥深さを紹介している。15日まで。

 会場は「珠玉の工芸品」「信仰と教学の世界」「聖なる隠者 十六羅漢」の3コーナーで構成されている。

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

  4. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  5. 仮面ライダー 大人向け変身ベルト「CSM」イベント スチーム噴射、モーションセンサー搭載 “未来のベルト”も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです