メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古墳行きバス低調 1便平均2.4人の利用 レンタサイクルは好調 堺市 /大阪

堺東駅前バス乗り場に急きょ設置されたシャトルバスの案内表示=堺市堺区で、高田房二郎撮影

 百舌鳥・古市古墳群のユネスコ・世界遺産登録を受けて堺市が始めた大山古墳(仁徳天皇陵、堺区)と市内主要駅を結ぶシャトルバスの利用客数が伸び悩んでいる。土日、祝日とお盆中の限定運行だが、1台当たり平均2、3人程度にとどまっており、担当課は頭を悩ませている。

 シャトルバスは、世界遺産登録が決まった今年7月6日にスタート。市が900万円を負担し、南海バスが古墳近くの堺市博物館前と、南海本線堺駅、南海高野線堺東駅を結ぶ2路線で、1日96便運行している。

 12月までの期間限定で、市は目標を2万人に設定。関西空港を使う外国人観光客の利用を期待していたが、…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  4. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです