メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

益田出身で元本因坊の岩本薫さん顕彰碑建立 囲碁の海外普及に尽力 /島根

岩本薫さんの顕彰碑を見る小林覚・日本棋院理事長(右)ら=益田市高津2で、竹内之浩撮影

 益田市出身の囲碁棋士で元本因坊の岩本薫さん(1902~99年)の没後20年に合わせ、日本棋院益田支部は生誕地近くの高津公民館(同市高津2)に顕彰碑を建立した。11月30日に除幕式があり、支部員や日本棋院の小林覚理事長(60)ら60人が功績をたたえた。【竹内之浩】

 岩本さんは45年の第3期本因坊戦に挑み、8月6日に広島市郊外であった6番勝負第2局で「原爆下の対局」を経験。6番勝負では決着がつかず、翌年の再決戦でタイトルを獲得した。「本因…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです