メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

言葉の大切さ気づいて 松山市制130年、落語家が清水小で高座 /愛媛

児童らの前で落語を披露する桂紅雀さん=松山市清水町3の市立清水小学校で、遠藤龍撮影

 松山市制施行130周年記念事業の一環で、落語家が市内を回って落語を披露する「まつやま落語まつり」が2日始まった。市立清水小(同市清水町3)では、4~6年の児童約250人が落語のおもしろさに触れた。

 子どもらに言葉の大切さに気づいてもらおうと同市などが主催。清水小で開かれた出張落語では、落語家の桂紅雀さんと桂米輝さんが登壇した。「落語の始まりは言…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

  4. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  5. 仮面ライダー 大人向け変身ベルト「CSM」イベント スチーム噴射、モーションセンサー搭載 “未来のベルト”も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです