メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐賀空港、着陸経路変更 「柳川上空」5%以下に 騒音軽減に期待 来年3月26日、国交省運用へ /福岡

現行(下)は熊本空港から北西方向のルートだが、見直し後(上)は島原半島北端を経由して北上するルートに変更される=柳川市提供

 柳川市は2日、来年3月に国土交通省が佐賀空港への航空機の着陸経路を有明海上に変更し、柳川市上空を飛行して佐賀空港(佐賀市)に着陸する回数が5%以下に削減される見通しだと発表した。金子健次市長は「大幅に騒音削減されてほっとしている」と語った。【井上和也】

 国土交通省は11月22日、柳川市が提出していた「佐賀空港の西側海上から着陸可能な計器着陸装置(ILS)の設置についての要望書」に回答した。回答では熊本空港方面から長崎県の島原半島北端を経由して有明海上から着陸するルート…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕 

  2. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです