香春町が移動販売車 道の駅10周年で導入 買い物弱者支援へ町全域カバー /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
カッキー号出発式でテープカットする筒井町長(右から2人目)ら
カッキー号出発式でテープカットする筒井町長(右から2人目)ら

 買い物弱者支援のため、香春町は9日、町全域をカバーする移動販売車の事業を始める。ふるさと納税寄付金などを原資に購入した専用車「カッキー号」を、始点の「道の駅香春」指定管理者に無償貸与し、町内を5地区に分けて、それぞれ月~金曜に生鮮食品や日用品を届ける。【峰下喜之】

 専用車は最大積載量約700キロ。荷台のコンテナにはトイレットペーパーや洗剤箱を積む棚がある。冷蔵庫(310リットル)と冷凍庫(32リットル)を備え、これまで宅配できなかった冷凍冷蔵品も販売できる。10月29日に新町公民館であった試験販売には住民約20人が集まった。岡崎みさえさん(80)は「買い物に行くのは主人の車で週1回程度だったので便利がいい」と喜…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文777文字)

あわせて読みたい

注目の特集