メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

W杯ラグビー日本大会 「4試合担当し誇り」 審判の久保さん、大野城市長表敬 /福岡

井本市長(右)を表敬訪問した久保さん

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、日本人で唯一、審判を務めた大野城市出身の久保修平さん(38)が11月29日、同市の井本宗司市長を表敬訪問した。

 久保さんは市立平野中を卒業し、筑紫高校でラグビーを始めた。大学2年で審判に転向し、教員を経てプロのレフェリーに。日本人として20年ぶりにW杯の…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです