メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

有田焼窯元「深川製磁」 縁起皿と祝い盃販売 令和初の正月迎え /佐賀

深川製磁が販売している縁起皿(奥)と祝い盃

 有田町の有田焼窯元「深川製磁」(深川一太窯主)は、令和初の正月を迎えるにあたり、恒例の縁起皿や祝い盃(さかずき)などの販売を始めた。縁起皿は来年の干支(えと)の「子(ね)」に因むデザインで「令和初春 雅びの舞」、祝い盃は宮中歌会始の勅題「望」にちなむ意匠の「染錦令和吉兆図」を製作し、販売している。

 縁起皿は皇室にゆかりの深い雅楽をデザインテーマに、末広がりの富士山を背景に雅びな舞を演じる演者の装束に三鼠…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです