メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気候変動と戦う

クライメートポリティクス 「楽園」に石炭火力計画 再エネ大国ケニア、中国の「圧力」(その1)

 サンゴ石の壁に囲まれた住居が建ち並び、細い路地をロバが行き交う。インド洋に臨むケニア東部・ラム島。スワヒリ文化を色濃く残し、世界遺産に登録されたこの島はいま、すぐ近くで建設が予定されている東アフリカ初の石炭火力発電所計画を巡って揺れている。

 「手つかずのビーチ、豊かな文化や海洋生態系……。私たちの家であり、神の恵みである『楽園』を破壊するのは許されない」。建設に反対する地元住民らでつくる「セーブラム」のメンバー、ラヤ・ファマウさん(40)はそう訴える。

 石炭火力発電は地球温暖化の原因となる温室効果ガスを大量に排出する。反対派は、発電所建設が深刻な環境…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文1007文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです