メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気候変動と戦う

クライメートポリティクス 「楽園」に石炭火力計画 再エネ大国ケニア、中国の「圧力」(その2止)

ケニア東部・ラム島の旧市街ではタクシー代わりにロバが使われている=2019年10月28日、小泉大士撮影

 

中国、環境負荷押しつけ 人・技術、自国で余り

 「中国は風力や太陽光の発電コストが下がる中、国内で供給過剰となった石炭関連事業を海外に輸出している」。研究者の国際ネットワーク「グローバルエナジーモニター」(GEM)のクリスティン・シアラー氏はそう指摘する。中国は老朽化した石炭火力発電所を閉鎖したり、新規建設を制限したりしているが、国外では石炭火力事業への出資を継続。GEMによれば、アフリカなど27カ国で200基以上の石炭火力発電所の建設に関与している。

この記事は有料記事です。

残り2554文字(全文2782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです