特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

クライメート・ポリティクス

クライメートポリティクス 「楽園」に石炭火力計画 再エネ大国ケニア、中国の「圧力」(その2止)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ケニア東部・ラム島の旧市街ではタクシー代わりにロバが使われている=2019年10月28日、小泉大士撮影
ケニア東部・ラム島の旧市街ではタクシー代わりにロバが使われている=2019年10月28日、小泉大士撮影

 

中国、環境負荷押しつけ 人・技術、自国で余り

 「中国は風力や太陽光の発電コストが下がる中、国内で供給過剰となった石炭関連事業を海外に輸出している」。研究者の国際ネットワーク「グローバルエナジーモニター」(GEM)のクリスティン・シアラー氏はそう指摘する。中国は老朽化した石炭火力発電所を閉鎖したり、新規建設を制限したりしているが、国外では石炭火力事業への出資を継続。GEMによれば、アフリカなど27カ国で200基以上の石炭火力発電所の建設に関与している。

この記事は有料記事です。

残り2554文字(全文2782文字)

【気候変動】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集