メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

2020年総統選展望/上 台湾に香港情勢波及 「自由守る」蔡氏に追い風

 台湾総統選は11月22日に届け出が締め切られ、与党・民進党の蔡英文(さいえいぶん)総統(63)▽最大野党・国民党の韓国瑜(かんこくゆ)・高雄市長(62)▽野党・親民党の宋楚瑜(そうそゆ)主席(77)――の3氏による対決構図となった。大きな影響を与えているのは香港情勢だ。デモに対する強圧的対応が台湾の有権者の間で中国に対する警戒感を強め、中国と対立する蔡氏に追い風となっている。投開票は来年1月11日。【台北で福岡静哉】

 11月17日夜、台北中心部の「自由広場」で開かれたコンサート。大画面には香港のデモの映像が流された…

この記事は有料記事です。

残り2933文字(全文3194文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです