メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夫婦別姓訴訟について記者会見にのぞむ原告の一人、恩地いづみさん(右から2人目)と代理人弁護士たち=吉永磨美撮影

 2015年に最高裁が夫婦別姓を認めない民法の規定を「合憲」と判断して以降、夫婦別姓訴訟はすべて退けられ国での議論も進まない。一方、選択的夫婦別姓制度の導入に賛成する人の割合は増え、地方議会では制度化を求める意見書の採択が相次ぐなど社会の理解は広がりをみせている。

 ●求める声「大衆化」

 夫婦別姓を認めない民法の規定は憲法に反するとして、東京都や広島市在住の事実婚の夫婦らが国に賠償を求め、東京地裁など3カ所に提訴した訴訟は、10~11月にかけ、相次いで請求が棄却された。訴訟の18年5月の一斉提訴に先駆け、選択的夫婦別姓について広く理解してもらおうと同年1月、「別姓訴訟を支える会」が設立された。15年の合憲判決を受け「このままで終わらせてはいけない」という強い思いを持つ人たちが作った。現在、会員は全国に176人。事実婚の人だけでなく、法律婚で戸籍名を使っている人、未婚者まで幅広く参加し、年代もさまざまだ。

 同会は交流イベント「個個からカフェ」を都内や広島市で開催し、専門家を招いて家族法を学んだり、気軽なおしゃべりの機会を設けたりしている。また、家族から反対され、別姓での結婚をためらうカップルらの相談にのり、親に納得してもらう方法や、別姓を維持して結婚する方法などのアドバイスもしている。

この記事は有料記事です。

残り1074文字(全文1623文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです