メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教えて!池上さん

旬なトピック トランプ大統領の対抗馬は

イラスト・藤井龍二

 <くらしナビ 学ぶ>

 来年11月の米大統領選挙までまだ1年近くあるのに、民主党(みんしゅとう)の候補者(こうほしゃ)選びが本格化しています。共和党(きょうわとう)の候補はトランプ大統領で決まりですが、民主党は現在18人が候補者になろうとしていて、さらに増える勢いです。来年夏までには、1人に絞(しぼ)られます。それまで激(はげ)しい選挙戦が展開(てんかい)されるのです。

 米大統領選挙は4年に1度。ちょうど夏季五輪と同じ年の11月初めに実施(じっし)されます。大統領選挙には、いろいろな政党(せいとう)の候補者が立候補しますが、共和党と民主党という二つの政党が飛(と)び抜(ぬ)けて強い力を持っているため実質的には二つの政党の一騎打(いっきう)ちです。

この記事は有料記事です。

残り1320文字(全文1647文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 本紙報道に維新「誤報」 衆院代表質問 大阪市4分割コスト

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです