メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活Q&A

生活の窓口から 子どもなく1人に不安

 Q 子どもなく1人に不安

 3年前に夫に先立たれ1人で暮らしています。子どもがなく、頼れる親戚も近くにいないため、心細く不安でたまりません。心穏やかな毎日を過ごすために何から取り組めばよいですか。(女性、70代)

 A まずは身の回りの整理を

 子どもがいない夫婦で死別をへて「おひとり様」になる多くは平均寿命の長い女性です。生涯独身者を加えても女性が「おひとり様」の7割を占めるとのデータもあります。残りの人生、心穏やかに過ごすために、おひとり様こそ終活が重要だと言えるでしょう。

 おひとり様の終活のポイントは大きく三つあります。まずは身の回りの整理整頓、居住空間の安全を確保して身軽になりましょう。次に金融機関名や口座番号、所有不動産の地番などの財産目録を作成します。いざという時、財産管理を他人に委ねる際に役立ちます。最後に自分の終末期の希望を書き留めておきましょう。どのような終末期を過ごしたいか、お墓の準備状況やお葬式の希望を明確に記しておけば、気持ちも落ち着きます。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元SMAP森且行選手、落車し緊急搬送 骨盤骨折で入院、全治不明

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. 「ナボナ」の亀屋万年堂 シャトレーゼが買収 和菓子拡充

  4. #自助といわれても 町から届いた冷酷な順序 ALS患者でさえ家族介護を求める行政の“誤解”

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです