メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

25歳朝乃山、年間最多55勝 小結以下で初、勝率は最低

力強く前に出る相撲で九州場所で11勝を挙げ、年間最多勝に輝いた朝乃山(奥)=矢頭智剛撮影

 今年の大相撲は若手の活躍が目立った。象徴的だったのが、年間最多勝争いだ。白鵬(34)はじめベテランの横綱、大関の休場が多くなる一方、20代半ばの若手たちが白星の数を競った。最後は、九州場所で新小結の朝乃山(25)が優勝した白鵬に次ぐ11勝を挙げ、通算55勝で最多勝に輝いた。世代交代が近づく中での激しい出世争いを映すように、年6場所制になった1958年以降、小結以下での受賞は初、勝率6割1分1厘は最低だった。【村社拓信】

 秋場所を終えた時点で、年間最多勝争いは関脇・御嶽海(26)と小結・阿炎(25)が45勝で並び、朝乃山が44勝で追いかけていた。

この記事は有料記事です。

残り1500文字(全文1776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです