メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

待ったなし 白鵬、後味悪い強さ=武藤久

武藤久 東京相撲記者倶楽部会友

 休場して体力を整え、出場すれば好成績というのが最近の白鵬のルーティンのようだ。今年3回目の休場明けの九州場所は大事な一番での鋭い立ち合いが目についた。成長著しい朝乃山戦は同じ右四つを期待したが、素早い立ち合いから右で張ってもろ差しからのすくい投げ。朝乃山にまわしにも触れさせなかった。

 優勝を決めた14日目の御嶽海戦も鋭く踏み込んで逆の左四つに組んでの外掛け。千秋楽では今場所一番の早い立ち合いから突き押し相撲の貴景勝を捕まえて右四つ。なかなか攻めず、十分の体勢を楽しむように寄り切った。

 彼我の力量差とともに思い起こされたのが、「若い時は馬力で相撲をとれ。年をとったら頭も使え」の先人た…

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです