メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

過度な抗議プレーに影響=柱谷幸一

 山形、京都、栃木、北九州の4クラブで、私は指揮を執り、J1、J2、JFLで通算464試合の監督を務めたが、ベンチからの退席処分を受けた経験はない。判定にはできる限り、異議を唱えないようにしてきた。

 自分たちに不利な判定もあれば、有利なものもある。主審だって人間だからミスもある。長い目で見れば判定は公平であり、有利不利はフィフティーフィフティーだと思っている。

 最近、Jリーグでも、学生の試合でも、判定に納得がいかないと、ベンチから飛び出さんばかりの勢いで大声…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文910文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  4. JAつくば市の子会社、ベトナム人実習生に上限超え労働 最長は月180.5時間

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです